筐体設計室-電子機器の筐体設計、樹脂設計、機構設計、精密板金はポルックステクノ

Chiex®

筐体設計室

トップページ > 事業案内 > 筐体設計

筐体設計室

筐体設計のことなら精密板金加工でも樹脂加工でもおまかせ下さい。

ポルックステクノでは、筐体の部分的な設計から、製品のトータルな設計まで、どのような案件でもお客さまのプランやアイディアを具現化させて頂きます!
CADは、2D(Auto CAD),3D ソリッドワークス(Solid Works) を使用します。

筐体設計者 5名  工業デザイナー1名

筐体設計と板金加工の連携(CADとCAMの連携)

筐体設計室は、設計のCADと機械のプログラム編集のCAMが同席しています。
データの受け渡しはネットワーク上で行います。
CADで設計されたデータをCAMでデザインルールチェックを行い、1階のマシンにネットワークで送ります。
実際に加工するマシン側からデータの編集も可能です。
ネットワーク上のマシンは抜き加工を行うNCターレットパンチプレスと曲げ加工を行うNCベンダーがあり、CAD、CAMとマシンがシームレスでネットワークされ極めて効率の高い生産システムを構築しています。
CADは、2次元はAutoCAD、3次元はSolidWorksを用途に応じて使い分けています。

板金・金属ケース 筐体設計

防水ケースは我々にお任せください!

IP54〜67防水、防滴、防塵筐体を得意としております。
弊社は試験装置や治具設備、医療機器,計測器・制御盤、PCケースなど、様々な分野の機械を取り扱ってきた経験がありますので、一度ご相談下さい。
ポルックステクノでは設計・製造・防水試験まで、豊富な経験で培ったノウハウで皆さまのお悩みを解決します!

板金筐体でデザイン性の高い筐体づくりを

医療機器や産業機器の筺体部分に使われる事が多い板金製の筐体ですが、生産数が少量なために、デザイン性の高い形状が出来ないとお悩みの開発者さまには板金のコーナー部をラウンドフォルム仕上げる「夢のR加工」のコーナーフォーミングをおすすめいたします。

外装・樹脂ケース 筐体設計

樹脂筺体では、板金筐体に比べて意匠デザインの自由度が高く、デザインの可能性が広がります。
試作・少量生産はもちろん、切削加工・真空注型・射出成型(インジェクション)簡易金型・本金型など生産台数に合わせて幅広く設計・製造致します。
「廃止部品により急遽設計変更が必要になった・・・」等、短納期な場合でも、ご相談下さい。

工業デザインには、製造に関わる材料知識・加工知識・技術力が必要です。

デザインというと色や形を決めるだけのことと思われがちですが、工業デザインをする場合、デザイナーの感性もさることながら、商品知識・コスト感覚・材質・加工方法・設計・製造等、さまざまな知識と経験が重要になってきます。
その経験が、作りやすく使いやすい商品・お客様に安心と満足を実感いただけるデザインにつながっていくと考えます。製品化可能な実用的なデザインを心掛けております。

高精細3Dプリンタにより設計後のモデリングも短時間でDRが可能。

KEYENCEのインクジェット式3Dプリンター【AGILISTA】を使い、特急の樹脂加工も対応可能です!
「来週のプレゼンでモックが必要になってしまった」
「金型を作る前に手で持って形状を確かめたい」
こんなご要望に素早くお応えします!

ポルックステクノ バーチャル工場見学

お客様のアイデアやイメージを具現化する仕組み

小口の面倒な調整・検査もお受けいたします。
図面が無い
ラフスケッチから製品実現
仕様が決まっていない
 
納期がない
丸投げ委託をしたい
調達〜設計〜製作〜技術ドキュメント
調達先の突然の事業清算
  • お問い合わせ
  • 工場見学のお申込み
  • お見積り・お問い合わせ